医者

年齢を重ねると起こりやすくなる更年期障害の症状|対策して改善へ

だるさの原因を知りなくす

医者と患者

だるさを解消する

体にだるさがある場合、疲労が取れていないのが原因かもしれません。疲労は食事から栄養分をきちんと取り、睡眠をとる、適度な運動をするなどで取ることが出来ます。糖尿病の症状は、初期はほとんど出ないとされています。実感として出てくるのがだるさです。それまでと同じ生活をしているのにだるさを感じたなら進行している可能性もあります。糖尿病の症状が出た時に行われる治療方法には、食事療法があります。これまでの食生活を見直し、カロリーの取り過ぎであったり、糖分の取り過ぎ、塩分の取り過ぎなどに気をつけます。ただカロリーを抑えようとすると薄い食事になりますが、管理栄養士などが作る献立を使えばおいしく食事のコントロールができるようになります。

高血糖の状態を減らす

食事をすると、それが消化吸収されます。必要に応じて栄養分が血液に供給され、それらが体で使われます。糖分ならエネルギーなので、血液から吸収されて活動に使われます。糖尿病の症状にだるさがあります。これはエネルギーがうまく使われていないために起こります。血液に糖が多いのは、エネルギーとして使われていない証拠です。インスリンが分解をして取り込めていないので、高血糖、だるい状態が起こります。糖尿病の症状が出た時、インスリンの注射をするだけではなく、高血糖の状態を防ぐ生活の見直しが必要になります。食事の中に糖分が多いのであれば、それを減らす必要があります。間食などを減らし、ご飯の量などを調節する方法が取られます。